> T.S.さん(2020年度生:芝浦工業大附属中,かえつ有明中,麗澤中(AE),千葉日大一中): 進学匠房Miraiz〈ミライズ〉教室ブログ(旧)

2021年03月20日

T.S.さん(2020年度生:芝浦工業大附属中,かえつ有明中,麗澤中(AE),千葉日大一中)

私は4年生の終わりからMiraizに入りました。きっかけは家の近くだったからです。
受験クラスに入り、中学受験に向けて勉強をしました。アタックテストや模試でいい成績がとれるように頑張りました。

6年の夏休みに行った合宿はとても楽しかったですが、テストでいい結果が出せず、このままで受験に合格できるのか、とても心配でした。
でも、先生に紹介してもらった学校の見学会に行き、とてもいい学校で、そこが第一志望の学校になりました。
行きたい学校が決まり目標ができたので、自習をしに塾に早く行くようになり、復習をしっかりやりました。

最後の3ヶ月はとても頑張りました。
Miraizの先生のおかげもあり、第一志望に合格することができました。
この2年間で私は少しずつ努力していくことが一番大切だと分かりました。
Miraizで勉強できてよかったです。今までありがとうございました。


《保護者の方より》
受験科の2年間お世話になりました。
塾の雰囲気が肌に合ったのと、先生方に接して中学受験がどのような結果になっても後悔しないだろうと思い娘を預けました。

6年のスタートはコロナ禍でまさかの休校。
塾は素早くオンライン授業に切り替わり安堵したものの、模試の自宅受験、 学校説明会の中止等不安と焦りの連続でした。

受験の天王山といわれる夏の成績はどん底。今までのことがリセットされたような気持ちになり親子で迷走しました。
そこから志望校を見いだし、諦めずに勉強に取り組むことができたのは最後まで寄り添ってくれた先生方のおかげです。
終盤幾度とアポ無し訪問した私にもいつも対応してくださいました。
併願校選びと受験スケジュールの組み立ての的確なアドバイスが結果に結びついたと実感しています。
親の精神的な支えにもなっていました。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

どんなときも楽しそうに塾に通い、良い仲間たちと一緒に受験に挑めたことは大きな宝になることと思います。
娘に寄り添い、励まし、背を押し、導いてくれた先生方に心より感謝申し上げます。


《Miraiz近藤より》
Tさん、ご進学おめでとう!
Tさんは算数は得意だったけれど、僕が担当している国語が苦手でしたよね。
それでも投げやりになったりあきらめたりすることなく、授業ではいつも一番前に座って、熱心にノートをとっていましたね。
漢字テストにも真剣に取り組んで、小6の前期・後期共にクラス1位をとりました。
たとえ苦手な科目であっても、できることはきちんとやろうとする姿勢は素晴らしいものでした。
たしかに夏の合宿では苦杯をなめましたね。表彰式での悔し涙が印象的でした。
でも、その姿勢があればこそ、全勝というこれ以上ない結果につながったのだと思います。
勉強だけでなく精神面でも、この2年間で大きく成長したのではないでしょうか。
中学での活躍が楽しみです。
またぜひ教室に顔を出して、近況を知らせてくださいね。楽しみに待ってますよ!
posted by こんぶ先生 at 00:00| 卒業生の語るMiraiz〜7期生(2020年度生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする